新築一戸建てを検討する前に知りたいこと|好みと流行りをリサーチ

不動産

魅力が変わらない家

男性

高い快適性のエアパス工法

本当に価値のある家とは、100年経っても魅力が変わらない家です。家の魅力は主に3つあり、そのどれもが100年経っても変わらないことが重要です。快適性と耐震性、自然素材の家の3つの魅力を持ち合わせているのが、四季工房の住宅です。四季工房の家は、エアパス工法で作られています。流れる空気の層が家全体を包むエアパス工法は、1年を通して快適に暮らせることが魅力です。冬は暖かく夏は涼しく、エアコンを必要としません。その快適性は高気密高断熱住宅より高く、実証実験でも証明されています。また、湿気をコントロールできるため、冬に結露や湿度に悩むことはありません。その他、家全体の室温が一定であるため、ヒートショックを予防することもできます。

万全な定期点検を実施

四季工房の家は、日本伝統の柔構造が用いられています。その柔構造を支えるのは、強度の高い4〜6寸の角柱です。それに加え、耐震性の高いモイスを壁に採用しており、柔構造と壁とで地震の揺れに耐えます。耐震実験では非常に高い耐震性を証明しており、安心して毎日を暮らせます。また、自然素材がふんだんに使用されていることも、四季工房の住宅の魅力です。シックハウス症候群を予防できる家であるため、体に負担をかけることはありません。これらの3つの魅力を維持するために、四季工房では毎年1回以上の点検を行っています。多くのハウスメーカーは10年しか定期点検を行ってくれませんが、四季工房では築10年以降もずっと点検を行ってくれます。100年経っても魅力を維持できるため、世代が変わっても愛される住宅であるのが四季工房の家の特徴です。